cs.yomogi@gmail.com
年中無休で営業中
■3万円特典+クーポン3万円+ポイント5倍
■当店限定の30の資料
■ライン登録で7000円もお得!

期間限定キャンペーン実施中!

【コロナ対策まとめ】予防と免疫アップの方法

コロナウィルスが世界中で拡散しています。

ただ一方で、武漢などの中心地でも全くかかっていない人達もいるようです。

 

今回はコロナウィルスの感染経路と予防、免疫アップの方法について説明します。

 

3つの感染経路を防ぐ

現時点で、コロナウィルスの感染経路は3種類あります。

それぞれの感染経路の説明と予防方法をご紹介いたします。

 

①飛沫感染

感染者の飛沫と一緒にウィルスが放出されて、他の方が口や鼻から吸い込んで感染する経路です。

予防策としては、マスクを着用すること、あとはマスクを付けていない集団とは距離を取ることが大切です。

マスク着用が一般的となれば、飛沫感染は基本的には防ぐことができるかと思います。

 

 

②接触感染

感染者がくしゃみをして手で抑えたあとに、何かに触れるとウィルスが付着します。

他の方がそれを触り、その手で口や花を触って粘膜から感染する経路です。

 

当店としてはこの接触感染を防ぐことが大切だと感じております。

 

コロナウィルスの中心の武漢にいた700人のインド人は誰ひとりとして感染していなかったそうですが、その理由の一つとして、『食事前の手洗いの習慣が徹底していた』ことがその要因であると分析している方もいらっしゃいます。

コロナウィルスはそれを包む『エンベロープ』を壊すことで、感染力を失います。エンベロープは界面活性剤(石鹸など)で破壊することが可能です。

ですので、手洗い・うがいなどをして、付着したウィルスをなくすことが接触感染を予防する方法の一つとなります。

 

またその他の方法としては、むやみに外のものを触らないこと、そしてスマホなどつるつるしたものはきちんと消毒することが挙げられます。

スマホやつり革などのつるつるした表面では、ウィルスは48時間程度生きているそうです。

ですので、自宅に戻ったあとも、スマホを消毒することも大切ですし、家でもこまめに手を洗うことも大切です。

 

 

③エアロゾル感染

エアロゾル感染は空気感染とは違いますが、ざっくり説明いたしますと、病院内のような限定的空間において空気感染のように広がっていく感染経路を言います。

エアロゾル感染を予防する方法としては、N95以上のマスクを着用すること、このような限定的空間(病院、満員電車、イベントスペースなど)に行かないこと、そして換気をすることが挙げられます。

 

 

この3つの感染経路を防ぐ方法を箇条書きでまとめますと、このようになります。

 

・マスクを着用(できればN95以上)

・外でむやみに物を触らない。

・手洗いとうがいは定期的にすること。

・スマホなども消毒すること

・オフィスや自宅では換気を行うこと。

 

 

『ただ、一人暮らしの場合はこれでよいけど、家族がいる場合はどうしたらいいの。。。』

 

そのような方のために、自宅での予防方法についても解説します。

 

自宅でのコロナ対策

家族が感染している場合、症状が発症しなければわかりません。ですので、念の為に自宅でもしっかり予防することが大切です。

武漢で自宅でしっかり予防することができた人が何をしていたか、こちらではまとめます。

 

家族に感染者がいたが、感染しなかった人

家族の一人が感染していても、他の家族が感染していなかった事例もいくつもあるそうです。

そういう人たちは自宅でも『手洗い・うがい』を定期的に徹底して行っていたようです。

 

また自分の部屋でも常にマスクをしていたそうです。流石にここまではなかなかできないという方は、

自分の部屋以外の家族が使うスペースにいるときにはマスクを着用するよう心がけるとより予防効果が高まるかと思います。

 

またアルコール消毒液がある人は、ドアノブもしっかり消毒しておくとよいかと思います。ドアノブはウィルスが残りやすい場所の一つで、触る回数が多いところです。ですのでしっかりと消毒しておくことが大切です。

 

食事時では、みんなで食べるときには飛沫感染の恐れがあります。

テーブルが長い場合は、横並びにならぶことをおすすめいたしますが、みんな横並びはできないという場合、食事の時間をすこしずらすことが一つの解決法です。

団欒の時間はみんなでマスクをしておけば、感染のリスクはとても低くなります。

 

自宅での予防をまとめますと以下の通りとなります。

 

・手洗いとうがいの徹底

・家族の共用スペースではマスク着用

・ドアノブなどよく触るところは消毒

・換気の徹底

・食事時は時間をずらして飛沫感染防止

 

 

 

まずすべきは免疫力アップ

3つの感染経路の予防、自宅での予防策についてお話いたしましたが、それよりも大切なことは日頃の免疫力を高めることです。

免疫力を高めることはそれほど難しいことではありませんが、現代では生活習慣が乱れがちなので、この機会に改めることが大切です。

免疫力を高める方法を6つご紹介いたします。

 

質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠を取る上で大切なのは、睡眠時間の確保です。可能であれば夜10時には寝るようにして、8時間睡眠を確保するようにしてください。

その他の方法としては、寝る前にスマホを見ない、マットレスを体に合うものにするなど、色々方法がございますし、そのような本も数多くございますので、参考になさるとよろしいかと思います。

 

栄養バランスの良い食事

栄養バランスの良い食事を心がけてください。栄養が上手く取れない場合はサプリメントなどの補助食品で補うことも大切です。

ビタミンCがコロナウィルスの流行を遅らせることができるとの見解を唱える医師がいらっしゃいます。当店も高濃度ビタミンCが免疫力をかなり高めるという話は聞いております。

 

体を冷まさないようにする

定期的に温かいお茶や白湯を飲むようにしましょう。体温を上げることで免疫力は上がりやすくなります。

冷たい飲み物はなるべく控えて、温かいものを体に入れるようにしましょう。

 

定期的なエクササイズ

適度な筋肉があると、体温が上がりやすくなり、結果として免疫力も向上します。

自宅で簡単にできる筋トレやTRXのようなものを利用すると、継続しやすいかと思います。

 

デトックスで毒素を出す

実は体内にはプラスチックや重金属など蓄積しています。そういった物を取り除くための重金属検査などをされるのもおすすめですし、黄土よもぎ蒸しのように東洋医学のデトックス方法を取り入れるものよろしいかと思います。

 

心をリラックスさせる

瞑想をおこない、精神を整えることで免疫力があがるという研究結果が数多くございます。

イライラの解消や幸福度の増大につながることで、結果として免疫力があがるのかもしれません。

10分くらい時間を取ってみて瞑想を取り入れてみるのも良い方法かと思います。

 

 

追記情報

・塩素系漂白剤を薄めるとアルコール消毒液の代用になるそうです。

・COVIC-19は湿度50%以上の環境に弱いそうです(アメリカのCOVIC-19 媒介報告書による)

 

 

コロナウィルスは今後も拡大する可能性が高いです。

ただ個人個人が意識を高めていけば、収束に向かうかと思います。

 

より良い予防法など見つかれば、随時更新していきます。

Tagged

Related Posts

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です